アイドルヲタクの備忘録

君といるだけで I'm so satisfied.

僕にとっては“君”じゃなくて“君たち”なんだよな

先日、夜中。何を思ったか、僕はある曲のMVが見たくなった。人生でめちゃくちゃ聞いたけど、めちゃくちゃ聞いたが故に反動で近年あまり聞いていなかった曲である。

 

1! 2! 3! 4! 


f:id:aki_jaran:20210604221227j:image

イントロでそうそう、これなんだよな・・・と思った時には、涙が出ていた。涙が出る曲ようなじゃないはずなのに。でも、僕がこの曲で泣くのはこれが初めてじゃない。

 

好きにならなきゃ 好きにならなきゃ 何も始まらない


f:id:aki_jaran:20210604221327j:image

スキ!スキ!スキップ!という楽曲をご存知だろうか。

HKT48のデビューシングルである。

スキ!スキ!スキップ!/ HKT48 

 

何を隠そう、僕は長らくHKT48のヲタクであった。ちゃんと追いかけたグループなら一番期間は長いし、今も全く追っていないというわけではない。STU48がメインになった今も、やっぱりHKTは特別気になる。


月曜日の朝がやってきて 時計の針待ちきれず 家を出た



f:id:aki_jaran:20210604222544j:image

リリースは2013年だから、もう8年になる。センターに立っていた田島芽瑠が当時中学1年生から2年生になるタイミング。当時の彼女は本当に「キラキラ」という言葉が似合う女の子だった。

 

満員電車で 誰かに押されながら 足を踏まれても 笑って許せる

f:id:aki_jaran:20210604222001j:image

余談だが、田島芽瑠と僕は生年月日が9日しか変わらない。本当に余談。

 

人はみな恋をすると(ふわり) ハートまで軽くなって(魔法)


f:id:aki_jaran:20210604222106j:image

兒玉遥で始まったHKTヲタク人生。当時(2013~2016)、僕は本村がメインでそこに+宮脇穴井植木朝長あたりのヲタクであった。かなりわかりやすい1期ヲタクである。

 

雲の上 歩き出す 夢の世界へ!


f:id:aki_jaran:20210604222724j:image

2期が嫌いだったわけでも、3期に思い入れがなかった訳でもない。でもやっぱり1期への思い入れが当時から強かった。これは、今でも変わらない。

 

スキップしたくなる 両手を降って 君のこと思うだけで なんか無重力


f:id:aki_jaran:20210604222822j:image

そんな感じで僕は、HKT48の事が大好きだった。コロコロコミックポケモンと野球しか無かった僕の人生を変えてくれたグループであることは間違いない。それがいい方向に行ったのか悪い方向に行ったのかは分からないけれど、当時も今も楽しいからいい方向だと思う。

 

どこでも行けそうな気がする 生きることって素晴らしい




f:id:aki_jaran:20210604225917j:image


HKTが繋いだくれた縁がある。HKTだから繋がれた縁がある。僕が今こうなるには、あそこで好きになるグループHKTじゃなきゃダメだったと思う。

 

今日も行こうぜ! スキ!スキップ! 


f:id:aki_jaran:20210604223152j:image

現場に沢山行ったわけじゃない。ライブは3回しか行ってない。大好きだったホータン劇場はおろか、そもそも未だに公演に入っていない。認知も貰ったわけじゃないし、最後にHKTメンバーのレーンに並んだのは2018年のGW。今や天下の宮脇咲良さんの写メ会だと思う。

 

もし君が他の男の子と 楽しげに話しててもしょうがない


f:id:aki_jaran:20210604223211j:image

そんな僕にできることは、ライブ映像をひたすら見ることだった。DVDを借りたり、ヲタクに見せてもらったり、インターネットの海を泳いだり。色んなライブを見た。

 

ジェラシー感じるより そっと見て見ぬふり 君が君らしく 幸せそうなら



f:id:aki_jaran:20210604223515j:image

穴井千尋が辞めるまでのコンサートは、見てない映像を探す方が大変だと思う。あんま意識した事ないけど。

 

街角のどこを見ても(眩しい) キラキラと輝いて(ダイヤ)




f:id:aki_jaran:20210604230044j:image


「桜、みんなで食べた」が最新、あるいは未リリースの頃のライブ映像を特に多く見て育った僕にとって、いつだってどんなときもライブに入ってくるのはこの「スキ!スキ!スキップ!」、そして「メロンジュース」だった。今でも僕がHKTシングルで特に思い入れがあるのがこのツートップ。

 

そう愛が溢れてる 青空の下


f:id:aki_jaran:20210604230140j:image

僕にとってのメロンジュースは、紅白歌合戦トップバッターの思い出が深い曲である。もちろん数多くのライブでやったという点ではスキップと変わらないんだけど、メロンジュースは歌番組のイメージ、紅白のイメージが強い。

 

スキップしたくなる それからジャンプ(ジャンプ)

f:id:aki_jaran:20210604230326j:image


初めてテレビを見て泣いたのが紅白のHKTだったのもあるかもしれない。メロンジュースが歌番組だったからこそ、僕にとって「HKT48のライブ」といえば「スキ!スキ!スキップ!」だった。 

 

そう僕の気持ちだけが どんどん昇っていく


f:id:aki_jaran:20210604223849j:image

初めて行ったライブのことは今でもよく覚えているんだけど、あの会場でスキ!スキ!スキップ!で泣いたのは僕だけだろう。

 

天まで届くようなテンション 片想いは傷つかない



f:id:aki_jaran:20210604224035j:image

ちなみに残りの2回でもスキ!スキ!スキップ!で泣いている。変な人である。

 

明日も行くぜ! スキ!スキップ! 


f:id:aki_jaran:20210604224137j:image

さて、先程1期ヲタクであるという話をした。とりわけ、僕の中で宮脇咲良というアイドルの比重は大きい。そんな彼女が、あと2週間でHKTを卒業する。正直、まだ受け止めきれていない。

 

君に会わなきゃ 君に会わなきゃ


f:id:aki_jaran:20210604224529j:image

「大人列車」「希望的リフレイン」「12秒」あたりのHKTの宮脇咲良を象徴する曲、「波音のオルゴール」「今がイチバン」「希望の海流」あたりの大好きだけどマイナーな曲。色々やって欲しい曲はあるけど、やっぱりスキ!スキ!スキップ!はやって欲しい。

 

こんなワクワクした今日にならない



f:id:aki_jaran:20210604234150j:image

 

僕の大好きな曲で、思い出の曲で、きっと1番見たアイドルがスキ!スキ!スキップ!のMVで、僕の青春はHKT48で、そのHKT48は、スキ!スキ!スキップ!の3分57秒に詰まっているから。


“君を好きになって、僕は変わった”


f:id:aki_jaran:20210604231507j:image


f:id:aki_jaran:20210604233231j:image

f:id:aki_jaran:20210604232953j:image


f:id:aki_jaran:20210604232732j:image

f:id:aki_jaran:20210604233121j:image


f:id:aki_jaran:20210604232513j:image

f:id:aki_jaran:20210604233337j:image


f:id:aki_jaran:20210604054224j:image


思い出し笑い、、したいけど、きっと無理だろうな。絶対泣いちゃうもん。笑


f:id:aki_jaran:20210604233726j:image

 

6/19まで、あと15日。2週間後の僕は、卒業コンサート前夜の僕は、何を思うのだろうか。その時の僕も、きっと文を書くと思う。その時の僕か、それまでの僕が文章を書いたら、またお会いしましょう。